月別: 2017年8月

合宿免許に向いている人

合宿免許にはメリットも多いですが、デメリットも存在しています。人により物事の受け取り方や感じ方が違うので、メリットが圧倒的に多い人もいれば、デメリットしか感じられなかったという人もいます。合宿免許で免許を取得する前に、自分が向いているかどうかを考えておくのも大切です。

教習所に通学するよりも、合宿免許のほうがトータル費用が安く済みます。期間も約2週間あり、短期集中で卒業を目指せますので、時間とお金を節約したい人には向いています。ただし2週間の間は、合宿先で過ごし原則一時帰宅は認められませんので、まとまった休みが取れる人ではないと無理があります。

合宿免許は週末は休日になりますが、平日はほぼ教習に費やします。拘束時間は長くなりますが、その分集中して教習を受けるので上達が早いのはメリットです。通学のように教習と教習の時間があかないので、てっとり早く免許を取得したい人には向いています。保証付きプランを選ぶと、追試なども保証されるので追加料金がかかりません。

合宿免許で滞在するのは、いろいろな場所がありますが、中には有名な観光地や観光スポットが近くにある宿泊施設もあります。平日は余裕がなくても、休日は観光などもできますので、旅行が好きな人には向いています。

合宿免許のデメリット

合宿免許にはデメリットもあります。短期集中で料金も安く済みますが、最低でも2週間といまとまった休みが必要です。学生のうちは、夏休みや冬休みなどを利用すれば、学校を休まずに免許取得が可能です。社会人になってから合宿免許に参加する場合は、最低でも2週間というまとまった休みを取らないといけません。

郊外にあるので、路上教習はスムーズです。しかし都会とは交通事情が違うので、いざ運転しようとした時、車の量が多いとなれるまでに時間がかかることもあります。短期集中で教習を受けるので、ほとんどは卒業できます。しかし人によっては追加教習が必要だったり、仮免試験に不合格になったりすることがあります。教習が伸びるとその分宿泊費用がかさむ可能性があります。

教習以外の時間は自由に過ごせますが、休日は週末だけです。平日はほとんど教習に時間を費やしますから、どこかに観光に行ったり、レジャーを楽しんだりしたい場合は、時間が限られてしまいます。メインの目的は免許取得ですから、空き時間はあまり宛にしない方がいいかもしれません。

原則合宿免許期間中の一時帰宅はできませんので、スケジュールを空けておかないといけません。自己都合で一時帰宅する場合、交通費は自腹になります。

合宿免許のメリット

合宿免許のメリットを紹介します。教習所の通学で通う場合は、都合のいい日と教習所の空き時間を照らし合わせて、予約を取ります。希望通りに予約が取れればいいのですが、生徒は他にも大勢いますから、希望する日や時間に予約が取れるとは限りません。その点、合宿免許なら予約を取る必要もなく、毎日スケジュール通りに教習が受けられます。期間も約2週間と短く済むので、トータル費用も安くなります。

合宿免許を行う場所は郊外が多くなります。宿泊施設まで行く交通費は、料金の中に含まれています。教習所によっては上限はあるものの、交通費を支給してくれるところもあります。これなら遠くても安心して参加できます。郊外の場合は、路上教習で使用する道路も幅が広く、交通量もそれほど多くないので、安心して運転に集中できます。

合宿免許のプランにもいろいろありますが、保証付きプランを選ぶと、追試や追加教習が必要になっても保証内で賄えるのでお得です。受かる自信がある場合は、保証なしプランで料金を安くすることもできます。ちなみに、合宿免許情報サイト〔免許の匠〕でも、保証付きプランをご紹介していますので参考にしてみてください。

教習も卒業まで保証の安心プランを採用しているため、補習や再検定を受ける場合も追加費用は発生しません。

教習以外の時間は、観光やレジャーを楽しむことができます。海の近くなら花火大会やバーベキューなどちょっとした旅行気分を味わえます。

合宿免許とは?

合宿免許というのは、通学型の教習所とは違い、宿泊施設に宿泊しながら短期集中で教習所卒業を目指すスタイルです。教習所のように毎回予約を取る必要がなく、毎日連続で教習所が受けられるので、集中できるのがポイントです。間が空き過ぎると、覚えたことを忘れてしまいがちですが、それがないから合格率も高まります。

多くの教習所が合宿免許を実施していますので、これから免許を取得したいと考えているなら、合宿免許をおすすめします。教習所による違いや個人の違いもありますが、合宿免許ならAT車で最短13日~14日で卒業できます。合宿中の宿泊代や食費、合宿地までの交通費も全て料金に含まれているので、トータル費用も通学より断然お得です。

通学するスタイルなら、自分の都合のいい日に予約をするのでそれはそれで便利です。しかし時期によっては参加者が増えるので、なかなか予約がとれないという状態になります。合宿免許なら、合宿先で毎日教習を受けるので効率よく進みます。

教習以外は自由時間ですから、近所を散策したり、観光したりすることもできます。原則一時帰宅はできませんが、近所に買い物くらいはいけますし、宿泊施設の近くに温泉があれば、温泉なども楽しめます。短期集中で教習が受けられて、意外と自由時間が多いのも合宿免許のメリットです。合宿先で友達ができたり、出会いがあったりするのも人気の理由となっています。合宿先も選べますし、友達同士でも参加も可能です。