日別: 2017年8月9日

合宿免許のデメリット

合宿免許にはデメリットもあります。短期集中で料金も安く済みますが、最低でも2週間といまとまった休みが必要です。学生のうちは、夏休みや冬休みなどを利用すれば、学校を休まずに免許取得が可能です。社会人になってから合宿免許に参加する場合は、最低でも2週間というまとまった休みを取らないといけません。

郊外にあるので、路上教習はスムーズです。しかし都会とは交通事情が違うので、いざ運転しようとした時、車の量が多いとなれるまでに時間がかかることもあります。短期集中で教習を受けるので、ほとんどは卒業できます。しかし人によっては追加教習が必要だったり、仮免試験に不合格になったりすることがあります。教習が伸びるとその分宿泊費用がかさむ可能性があります。

教習以外の時間は自由に過ごせますが、休日は週末だけです。平日はほとんど教習に時間を費やしますから、どこかに観光に行ったり、レジャーを楽しんだりしたい場合は、時間が限られてしまいます。メインの目的は免許取得ですから、空き時間はあまり宛にしない方がいいかもしれません。

原則合宿免許期間中の一時帰宅はできませんので、スケジュールを空けておかないといけません。自己都合で一時帰宅する場合、交通費は自腹になります。